大阪府でペーパードライバー講習/教習を受講するなら有資格者が指導する安全・安心のシーズペーパードライバースクールへ!

大阪府のペーパードライバー教習を受講されるお客様に広く・深く・楽しく安心できるカーライフのお手伝いをいたします。

ddd1862badc7d44598e765a94bb6c558_t_コピー

HOME ≫ こどもホスピス様 ≫

THURUMIこどもホスピス

お客さまの教習料金の一部を『こどもホスピス』さまに寄付しております。

THURUMIこどもホスピスとは・・・

お礼状を頂きました。

2018年度 ペーパードライバー講習(教習)を受講されたお客様の教習料金の一部を12月末に寄付させていただきました。

昨年度に受講されたお客様、本当にありがとうございました。

後程、THURUMIこどもホスピスさんからお礼状が届きました。


もちろん2019年度に受講されたお客さまも寄付させていただきます!

受講されたお客様には、スタッフ一同、本当に感謝しております。

当スクールはこれからも応援していきます!

『こどもホスピス』さんからご招待いただきました。

『こどもホスピス』さんからご招待を頂き、現状のお話や見学をさせていただきました。

お話を聞かせていただいたのは、こちらの施設の看護師さんでもあるアシスタントケアマネージャーの市川さん、一緒に写真を撮っていただきました。(下記画像、市川さん・高田)

こちらの施設を利用できる子供たちは

◎根治的治療によって治癒するかもしれませんが、功を奏さない可能性もある病態
・小児がん・心疾患など・・・

◎生まれつき短命であり、早期の死は避けられない延命治療による延命が得られる可能性のある病態

◎進行性で根治的な治療がないため、緩和ケアに限られる病態

◎非進行性だが回復不能な重度の障害があり、合併症により早期に死に至る可能性が高い病態・重度脳性麻痺など

こちらのスタッフさんは上記のように生命を脅かされながら『生きる』子供たちの為に全力で対応されておられます。

スタッフさんたちは働くというよりも、子供たちと遊んだり、共感したり、話をしたりと、同じ時間を寄り添っているという感じに思えました。

薬による治療よりも、もっと大事な面での治療をされているような印象も受けました。

妻と二人でお話を聞かせていただきましたが、この日は、多くのことを考えさせられたような気がします。

あらためて、今後も今まで以上に、こちらの『こどもホスピス』さんを応援・支援をしていこうと思います。

二人_コピー貯金箱_コピー手紙_コピー庭1 (2)_コピー庭3_コピー庭1 (1)_コピー

通常は、子供さんが利用しているので、見学することは出来ないのですが、1年を通して数回のみ見学することが出来るみたいですね。。。